ニュース

×
公開日 2014.10.15

【フォトギャラリー】天皇杯準々決勝vs.ギラヴァンツ北九州

J1昇格に向けて激しい戦いの続くJ2リーグ戦は一休み、天皇杯準々決勝がモンテディオ山形の聖地・NDソフトスタジアム山形で初めて開催されます。対戦相手は同じJ2に所属するギラヴァンツ北九州です。

グッズ売り場では天皇杯ならではの大会プログラムも販売。

準々決勝からは新たなプログラムが販売されます。

チームキャプテン山﨑雅人選手のインタビューも掲載されており、好調な売れ行きです。

さてこの試合のスタメンです。
GK山岸範宏選手
DF山田拓巳選手、舩津徹也選手、石井秀典選手、當間建文選手
MF松岡亮輔選手、宮阪政樹選手、キムボムヨン選手
FW山崎雅人選手、ディエゴ選手、川西翔太選手
SUB兼田亜季重選手、伊東俊選手、日髙慶太選手、ロメロフランク選手、林陵平選手、中島裕希選手、萬代宏樹選手
これまでの天皇杯の試合では、J2リーグ戦の日程も考慮しリーグ戦からメンバーを数人入れ替えていましたが、この試合では怪我のためメンバーに入っていない小林亮選手と石川竜也選手選手を除き、前の試合となるV・ファーレン長崎戦と同じメンバーとなっています。

リーグ戦はここ5試合出番のなかった山田拓巳選手は、久々の先発にハツラツとしたプレーで応えます。

最後尾から前線へのパスを狙う舩津徹也選手。役割としては守備が最優先のポジションですが、攻撃の組立も重要な仕事の一つ。

左サイドのダイナミックな攻め上がりが攻撃のアクセントとなっているキムボムヨン選手。何度も深い位置に上がってはクロスを入れ、チャンスにはミドルシュートも狙います。

最前線でボールを追う山﨑雅人選手。この試合でもプレーでチームを引っ張っていきます。

中盤の底で攻撃の組立と守備のバランスを担う宮阪政樹選手。

3バックの左でのスタメンとなった當間建文選手。機を見たオーバーラップで攻撃に厚みを加えます。

後半途中から出場した伊東俊選手。細かなタッチのドリブルでチーム全体の攻撃の圧力を高めて行きます。

互いに守備が強いチームの対戦ということで、試合の終盤までスコアが動かずジリジリとした展開になっていましたが、しかし今のモンテディオには試合を決めることが出来る選手がいます。公式戦ここ5試合で4得点と絶好調の川西翔太選手が右から持ち込み左足を振りぬくと、

これがゴール左隅に決まってゴール!川西選手はすっかりお馴染みのゴール後の笑顔とともに、ベンチに向かって一直線駆け寄ります。

川西翔太選手はこの決勝ゴールだけでなく、後半アディショナルタイムにピッチを退くまで、攻撃の中心としてプレーします。

4分とやや長めのアディショナルタイムとなりますが、ここはチームとしてしっかりと守り切ります。

そしてタイムアップ。ホーム・NDスタのサポーターのみなさまと共に、新たな歴史の扉を開く、クラブ初の天皇杯ベスト4進出を決めました。

サポーターが用意してくれた「おめでとうベスト4」の横断幕もしっかり出してもらうことが出来ました。

チームとサポーターが一つになっての歓喜!素晴らしい勝利を分かち合うことが出来ました!

さて次の試合は再びJ2リーグ戦となり、10月19日(日)13:00より岡山県のkankoスタジアムにてファジアーノ岡山と対戦します。J1昇格プレーオフ圏内を争うクラブとの直接対決だけに何としても勝利しなければなりません。遠方のアウェイゲームとなりますが、チームとサポーターが力を合わせて、勝利のためにともに戦いましょう!ご声援よろしくお願いします。

次の天皇杯準決勝(vs.ジェフユナイテッド千葉、11月26日(水)19:00KickOff/ヤンマースタジアム長居)のチケットをクラブ事務所等クラブ販売窓口にて販売する予定です。この準々決勝同様、こちらでお買い求め頂くとチームへの支援となりますので、ご協力よろしくお願いします!

ファンクラブに申込む
×