ニュース

×
公開日 2014.10.26

【フォトギャラリー】2014J2第38節vs.横浜FC

J2リーグ戦は残り5試合、J1昇格に向けた激しい戦いが続きます。この試合の対戦相手となる横浜FCもJ1昇格を狙うチームの一つ。共に勝利を目指した負けられない戦いとなります。
この日はレディースデーとして開催。写真のモンテ女子サッカー教室など女性の方に喜んで頂けるイベントを気合を入れて準備しました。

この試合は胸スポンサーとして長年チームを支えて頂いてる山形県・山形つや姫ブランド化戦略推進本部とJAグループ山形様による「つや姫サンクスマッチ」として開催されました。ディーオも参加した餅つきでこねた餅を入れた東日本大震災支援募金者へのきのこの雑煮のふるまいや、

 

YBCラジオとコラボした「モンテディオ山形応援おにぎり」の販売では、どちらも大人気で長蛇の列!

さらにJAグループ山形様からは支援募金の贈呈を頂きました。ユニフォームのスポンサーも含め様々な場面で力強いご支援を頂いています。長年のご支援有り難うございます。

レディースデー特別企画!芝かぶり席の皆さんに出迎えられて、選手たちがウォーミングアップのためにピッチに登場します。

ピッチサイドでは9月の「山新月間MVP賞」の表彰が行われます。選ばれたのは9月のJ2リーグ戦で2ゴールを決め、チーム浮上のきっかけを作った川西翔太選手です。

中央広場グッズ売店の「モンテ棚田米」販売ブースには、石川竜也選手と常澤聡選手が登場。モンテディオの選手、スタッフ、地域の方々が丹精込めて作ったお米の販売をお手伝いします。

この他スタジアムハロウィンも開催。ハロウィン・タトゥーシールを貼ったたくさんの子供達が、ディーオにトリック・オア・トリートと話しかけます。

キックオフ前、前節ファジアーノ岡山戦でJリーグ通算100試合出場を果たした宮阪政樹選手へ花束が贈呈されます。

さてこの試合のスタメンです。
GK山岸範宏選手
DF山田拓巳選手、舩津徹也選手、石井秀典選手、當間建文選手
MF松岡亮輔選手、宮阪政樹選手、キムボムヨン選手
FW山﨑雅人選手、ディエゴ選手、川西翔太選手
SUB兼田亜季重選手、イジュヨン選手、伊東俊選手、日髙慶太選手、ロメロフランク選手、中島裕希選手、萬代宏樹選手
モ ンテディオ山形のメンバーですが、前節ファジアーノ岡山戦からスタメンは変わらず、サブもイ・ジュヨン選手が11試合振りのメンバー入りとなっている他は、同じとなっています。

月間MVPに選ばれた川西翔太選手はこの試合でも攻守に存在感を発揮。

今日の試合は結果的に4失点を喫してしまったものの、数回の決定的なシュートを止めるなど、ゴールを守った山岸範宏選手。

3バックシステムで攻撃の鍵となるのは、中盤のアウトサイドの選手の攻め上がり。山田拓巳選手も相手陣深くまで攻め上がりを見せます。

前半の22分、キムボムヨン選手が二枚目のイエローカードで退場となり一人少ない状況となり、その後先制ゴールを許してしまいますが、38分、ディエゴ選手が左サイドのスローインから素早くゴール前にボールを送ると、

ゴール前に飛び込んだ松岡亮輔選手がヘディングシュート。これが相手ゴールキーパーの手をかすめゴールイン。同点に追いつきます。

松岡亮輔選手はこれがモンテディオ山形移籍後初ゴール。ボランチながらよくシュートチャンスに絡んでいたものの得点とはなっていなかっただけに、サポーターからも大きな声援が送られます。

前半を1-1で折り返すと、ハーフタイムにはJリーグ通算入場者数200万人達成の記念品贈呈が行われます。クラブからは200番のナンバーが入った特製公式ユニフォームと選手サイン入り公式試合球、そしてJA全農山形様からも、つや姫200kgが贈呈されます。

右ライン際のフリーキックを蹴る當間建文選手。モンテディオ山形は一人少ない中、61分と75分に失点し、2点のリードを許してしまいます。

しかしJ1昇格のために何としても勝ち点を積み上げたいモンテディオ山形は、80分、フリーキックからの舩津徹也選手のヘディングシュートを相手ゴールキーパーが前に弾いたところを當間建文選手が押し込み1点差とします。

得点後、自陣に戻る選手たち。中島裕希選手はまだまだ行くぞ、と気合の入った表情を見せます。

 
攻撃の手を緩めないモンテディオ山形は、中島裕希選手のほか伊東俊選手やロメロフランク選手も投入。ロメロフランク選手も左サイドに流れると鋭くクロスを入れます。

さらに中島裕希選手もダイナミックにシュートを狙います。

しかしアディショナルタイムにも失点をしてしまい2-4で試合は終了。非常に悔しい敗戦となってしまいました。

試合後選手たちを迎えたのは大きな「ヤマガタディオ!」コールでした。残り4試合となり順位も7位となってしまいましたが、最後の最後まで諦めなければ必ずJ1昇格のチャンスは来るはずです。

そのJ1昇格のチャンスを呼びこむのは、チームとサポーターが心を一つにした戦いのみです。この悔しさを糧に、次の試合を勝利で飾れるよう、力を合わせましょう!

次の試合はアウェイゲームとなり、11月1日(土)19:00よりうまかな・よかなスタジアムにてロアッソ熊本と対戦します。ご声援をよろしくお願いします!

今日の芝かぶり席のみなさんです。ピッチサイドから熱いご声援有り難うございました。

 

ファンクラブに申込む
×