ニュース

×
公開日 2015.05.25

【レポート】5年目を迎える大蕨棚田の田植えにスタッフとディーオが参加しまし た!

みなさんこんにちは。
5月24日(日)はグループ農夫の会様が手がける山辺町大蕨での棚田再生事業にモンテディオ山形の監督、コーチ陣が参加してきました。今年でこの棚田再生事業への協力は5年目。耕作面積は2011年40アールだった耕作地が、2014年は1.4ヘクタールと年々増加し、「日本の棚田百選」大蕨棚田の再生と大蕨地区の活性化に協力を続けています。

この日は石﨑信弘監督、石井肇テクニカルディレクター、高橋健二コーチ、笹原義巳GKコーチ、石井孝典フィジカルコーチ、菅賢洋サブマネージャーの6名が参加致しました。
ディーオも駆けつけ、田植えがスタートしました!

まずは石﨑監督の田植え姿を連写!

 

スタッフ全員、黙々と田植えに入れ込んでいました!!

 

この日参加した子供たちも頑張ってます!

田植えに参加できずに羨ましそうに棚田を眺めているディーオ。

田植え作業は順調に進み、みんなのチカラで棚田での田植え作業がまもなく終了です!

棚田一面、苗の若々しい緑で埋め尽くされました。

 

田植えは無事終了し、石崎監督が棚田を背にし、充実した笑顔で、記者のみなさまの質問に答えていきます。

田植え終了後、みんなで写真撮影!

その後、大蕨地区のみなさま、グループ農夫の会のみなさまとの交流を深めさせていただきました。

 

 

今年もモンテディオ山形は大蕨地区の棚田再生への協力を進めてまいります。山辺町大蕨地区の棚田再生活動について詳しくは以下のホームページをぜひ御覧ください。

http://www.group-nofunokai.jp/

モンテディオ山形が地域の再生に果たせる役割を具現化させて頂いているこの棚田再生事業。選手・スタッフ、フロントそれぞれがこの事業に感じ入っております。その機会を我々に与えてくださっている、グループ農夫の会、中地区有志の会の皆様はじめこの棚田再生事業に関わる皆様に改めてお礼申し上げます。

モンテディオのJ1残留と共に秋には豊穣な収穫の時を迎えましょう。

ファンクラブに申込む
×