ニュース

×
公開日 2015.06.07

【フォトギャラリー】2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第15節vs.鹿島アントラーズ

素晴らしい天気のもと開催されたこの試合は、Jリーグ随一のタイトルホルダー・鹿島アントラーズを迎えての一戦となりました。代表選手が多く在籍した人気チームというだけでなく、山形市出身の土居聖真選手が主力として活躍しているということもあり、今季最多となる13,241人のサポーターがNDスタに訪れました。

16:00キックオフのこの試合は楽しいイベントも盛りだくさん。シニアリレー大会では歴代のモンテユニフォームを着たシニアの方々がディーオチームにチャレンジします。

こちらは山形大学の協力で毎年恒例となっている化学実験室。万華鏡つくりが無料で楽しめるとあって、子供たちに大人気。

またこの試合は「ABeam Real Partner Special Match」&「きらやか銀行Go!Go!応援マッチ」として開催。たくさんのスポンサーイベントなどが行われ会場を盛り上げて頂きました。こちらはゲームにチャレンジできる、きらやか銀行特設ブースの模様。ブースのスタートと共に長い列が出来ます。

すっかりお馴染みの市町村応援デーですが、この試合の対象は最上地区の1市3町3村が対象。観客の皆様へマッチデープレゼントをご提供頂いただけでなく、イベントブースの運営やチームへの自慢の特産品贈呈を頂きました。

こちらはヴィッセル神戸戦で行われたスタジアムグルメグランプリの表彰の模様です。当日スタジアムに訪れたみなさんの投票の結果選ばれたのは、1年2組さんの「モツ煮込み」でした。

ここからは贈呈を頂いた皆さまの紹介をさせて頂きます。こちらは日本ばら切花協会山形県支部から「切りバラ」を。

金山町町長の鈴木洋様にはNDスタにお越し頂き、直接「米の娘ぶた」の贈呈を頂きます。

真室川町からはつや姫を。

戸沢村からは黒えごまドレッシングを頂きます。

この試合のマッチスポンサーを務めて頂いたきらやか銀行様からは、2014モンテディオ山形応援定期預金チーム強化費として、200万円の贈呈を頂きます。

ピッチ内ウォーミングアップ前には、5月の山形新聞月間MVPの表彰が行われました。選ばれたのは、No.4 DF 西河翔吾選手です。西河選手は横浜F・マリノス戦で決勝ゴールを決めるなど、チームを牽引しました。

試合前、先日の試合でJリーグ通算100試合出場を果たした當間建文選手への花束贈呈が行われます。プレゼンターは當間選手の奥さん!

さてこの試合のスタメンです。
GK山岸範宏選手
DF高木純平選手、當間建文選手、西河翔吾選手、石川竜也選手
MFアルセウ選手、松岡亮輔選手、瀬川和樹選手
FW山﨑雅人選手、林陵平選手、ディエゴ選手
SUB兼田亜季重選手、舩津徹也選手、山田拓巳選手、宮阪政樹選手、ロメロフランク選手、川西翔太選手、中島裕希選手
スタメンはJ1リーグ戦の前節名古屋グランパス戦から、ロメロフランク選手、宮阪政樹選手、そしてこの試合、警告累積による出場停止となっているキムボムヨン選手に代わって、アルセウ選手、松岡亮輔選手、瀬川和樹選手が起用されています。瀬川選手はこれがJ1リーグデビュー戦となりました。

 

いつものように、落ち着き払ったプレーで攻守に貢献する高木純平選手。

古巣との対戦に気合の入ったプレーを見せた當間建文選手。

さて前半26分、鹿島アントラーズの遠藤康選手に見事なフリーキックを決められリードを許しますが、38分、右サイドで高木純平選手が持ち上がると、その外側を周りこんだ山﨑雅人選手がすかさずクロス、

林陵平選手がヘディングで丁寧にディエゴ選手の足元に落とし、ディエゴ選手がゲットゴール!

前半のうちに同点に追い付くことに成功します。

J1リーグ戦デビューとなった瀬川和樹選手。キムボムヨン選手の出場停止で得たチャンスを活かそうと必死のプレーを見せます。

前線のターゲットとして攻撃の起点となった林陵平選手。ゴールこそなかったもののアシストを記録します。

後半に入って58分、先に2点目を決めたのはモンテディオ山形です。エリア正面左で得たフリーキックのチャンス、西河翔吾選手と言葉を交わした後、石川竜也選手がボールファーサイドに送ります。

これをディエゴ選手が折り返すと、ゴール正面に西河翔吾選手が詰めてゴール!

逆転でリードを奪うゴールとなります。

今季4点目を決めたディエゴ選手。得点力もさることながら、前線での献身的な守備も光ります。

後半途中からピッチに立ったロメロフランク選手。

84分、鹿島アントラーズのカイオ選手にゴールを決められ2-2の同点とされると、互いにゴールを狙う展開となるも結局奪えず、そのまま試合はドローに。

互いに90分間走り続けるも勝ち点1を分け合う結果となりました。

過去勝利のなかった鹿島アントラーズ相手に、もう一歩のところまでとなりがらの引分だけに、悔しさも募りますが、この悔しさを晴らすには次の試合で勝利をおさめるしか有りません。次の試合も勝利を目指し、山形総力戦で戦い抜きましょう!

 

さて次の試合は2週間の間隔が空き、6月20日(土)16時00分よりエディオンスタジアム広島にて、 2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ第16節 vs.サンフレッチェ広島となります。そして次のホームゲームは6月27日(土)19:00キックオフ 1stステージの最終戦 第17節vs.ガンバ大阪戦となります。J1で戦うこのシーズンを少しでも良い形で折り返せるよう、山形総力戦で戦いましょう!
引き続き、熱いご声援、よろしくお願いします。

 

 

 

ファンクラブに申込む
×