ニュース

×
公開日 2015.07.16

2015明治安田生命J1・2nd第2節 vs.浦和レッズ戦 試合後選手コメント

No.1 GK 山岸範宏選手

(Q.浦和相手に0-0は善戦でしたか?それとも惜しい試合でしたか?)

両方ありますね。守備に関しては相手にそれほど多くの決定機を作らせなかったということは収穫だと思いますけど、攻撃の部分で何度もカウンターとセットプレーでチャンスが有ったので、そこを何とか一本でも決め切れていれば勝利が掴めたかなと言う、両方の印象があるゲームです。

(Q.後ろで見ていて決定機も多かったので歯がゆさも有ったのでは?)

そうですね、後半特にチャンスが多かったので。ただ良い時間帯こそチームとしてしっかり締めなければいけないと言うのはディフェンス陣のメンバーとは話していました。

(Q.監督はジャッジも含めて集中力が途切れそうなところも上手く守れたという話をしていましたが?)

なかなか決め切れない中、ストレスが溜まる中で、足が止まってしまいがちになる時間帯もあったんですけど、何とか相手のカウンターに対してもうまく対処出来たと思いますし、守備に関しては収穫になるゲームかなと思います。

(Q.特にどこが良かった?)

ファーストディフェンダーがまず早くアプローチを掛けられたこと、相手のオフェンス陣のこちらとしては怖いゾーンで仕事をさせなかったことは収穫だと思います。

(Q.2ndステージに入るときの気持ちとしては?)

1stのラスト2試合で崩れてしまったので、何とか、守備陣としては失点をより少なく、得点をより多くと言うのは有ったんですけど、まず、2試合共なかなか苦しい中で、勝ち点1を拾えたのは悪くない結果だと思いますけど、ただ今日に関して言えば勝利も掴めたなと、そういう印象です。また次、日曜日にアウェイで東京とやるのでそこに向けてしっかり、短時間ですけど良い準備をしたいです。

(Q.残留に向けて必要な物は)

自分たちの目標達成には勝利が大事なので、全員のハードワークがそれにつながると思いますから、同じ方向を向いて一つになって勝利を目指したいと思います。

No.3渡辺広大選手

(Q.初めてのホームのピッチだったがサポーターにどの様なプレーを見せたいと思いましたか?)

初めてだったので、相手も浦和でしたし、勝ちたい、勝った試合を見せたい気持ちが強かったです。なので、そう言う面では申し訳ない気持ちが強いです。

(Q.ファーストステージチャンピオンに0-0は善戦では?)

ゲームを見ていない方々はそう言うだろうし、見られると思うんですけど、
内容的には、スタジアムで見た方には、後半山形の方がチャンスありましたし、欲を言えば勝てたんじゃないかなと言う思いが残るゲームだったので、残留を目指す上では、相手云々じゃなくて、内容を見て勝てればよかったなと言う印象が残る試合でした。

(Q.ディフェンダーとして集中力を保つのは?)

チャンスが有る、逆にチャンスが有った後にはピンチが有ると言う思いでやっていたので、
やっぱり中盤もフォワードも、すごいみんな頑張って注意してくれていたので、我々後ろはひとつの隙も見せてはいけないなという思いでやっていたので、今日は前線の選手に感謝をしたいです。

(Q.開幕戦で怪我をして前節スタメンに復帰しましたがその間の思いは?)

複雑な思いがあって、なかなか順位も上がらないですし結果も出てない中で、僕自身何も出来ていない、移籍してきたのにチームに貢献できていなかったというのも有って、2ndステージ、膝も治りましたし、チャンスがあればしっかりとチームに貢献するという思いでリハビリに励んでいました。

シーズンシート
×