ニュース

×
公開日 2015.07.29

【フォトギャラリー】2015明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第5節vs.名古屋グランパス

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第5節は前節に引き続いてホームゲームとなります。対戦相手は名古屋グランパス。今季ここまでリーグ戦とナビスコカップで対戦し2分けとなっており、決着を付ける戦いとなります。

この試合は夏の恒例イベント「AEON Presents ゆかたデー」として開催。今年浴衣を着て来場されたサポーターと一緒に撮影をしたのは日髙慶太選手と汰木康也選手です。

 

試合前にさまざまなイベントを行いご来場の方にお楽しみ頂いているモンテパフォーマンスショーですが、今回はなんとプロのモノマネ芸人・シンディーさんが登場!実はシンディーさんは山形県酒田市の出身。敵味方関係無く、明るい笑いで試合前の暑さを吹き飛ばす素晴らしいパフォーマンスを見せて頂きました。

さて選手の入場です。この試合は「AEON Presents ゆかたデー」と言うことでエスコートキッズも浴衣を着た子供たちの特別バージョンです。

試合前、前節アルビレックス新潟戦でJリーグ通算350試合出場を果たした石川竜也選手に花束の贈呈が行われます。プレゼンターは石川選手のご両親。最終ラインからモンテディオ山形の攻守を支えつづけ9年、山形に無くてはならないレフティーは孝行息子でもあります。

さてこの試合のスタメンです。
GK山岸範宏選手
DF宇佐美宏和選手、西河翔吾選手、石川竜也選手
MF高木純平選手、アルセウ選手、宮阪政樹選手、高木利弥選手、ロメロフランク選手、川西翔太選手
FWディエゴ選手、
SUB兼田亜季重選手、舩津徹也選手、當間建文選手、キムボムヨン選手、中島裕希選手、山﨑雅人選手、林陵平選手
スタメンは前節アルビレックス新潟戦から3人を変更。宇佐美宏和選手が當間建文選手に代わってディフェンスラインに入り、宇佐美選手のポジションには高木純平選手が起用されます。まだキムボムヨン選手に代わって高木利弥選手、山﨑選手に代わって川西翔太選手が起用されます。

中盤の底でハードなディフェンスをみせるアルセウ選手。

積極的にシュートを狙った宮阪政樹選手は前半だけで4本のシュートを放ちます。

リーグ戦10試合振りのスタメンとなった高木利弥選手。持ち味の積極的な仕掛けだけでなく、シュートも狙います。

ディエゴ選手を中心とした攻撃陣は前半、幾度もチャンスを作り出し、前半だけ10本のシュートを放ちます。

2ndステージ開幕戦以来のスタメンとなった川西翔太選手。持ち味の巧みなドリブルでチャンスを作ります。

Jリーグ351試合目の出場となった石川竜也選手。自身のプレーだけでなく、後ろから高木利弥選手をはじめ前の選手が、より持ち味が出せるようにサポートします。

前半終了間際、名古屋グランパスにゴールを奪われ0-1で折り返すと、ホームでの勝利が欲しいチームは早めに交代のカードを切っていきます。中島裕希選手も後半途中から出場し攻撃のリズムを変えます。

さらに林陵平選手も投入。得意のヘディングでゴールを狙います。

しかし逆にリードを広げられると、山﨑雅人選手もピッチに投入しゴールを目指しますが、思うようにゴールは奪えず、さらに3失点目を喫します。

そして試合はそのまま0-3でタイムアップ。前節に引き続いてホームでの敗戦となっていしまいました。

なかなか勝ち点が伸びない厳しい状況ですが、苦しい時こそ自分たちの力を信じて戦い抜くことが、勝ち残るためには何よりも必要です。チームとサポーターが力を合わせて、自分たちを信じて戦い抜きましょう!

さて次の試合は二週間の間隔をあけ、8月12日(水)19:00キックオフのアウェイゲーム、2015明治安田生命J1リーグ2ndステージ第6節vs.川崎フロンターレ(等々力陸上競技場)となります。そして次のホームゲームは8月16日(日)18:00キックオフ、2015明治安田生命J1リーグ2ndステージ第7節vs.サガン鳥栖戦(NDソフトスタジム山形)となります。サガン鳥栖戦は「山形総力戦応援デー」として開催されます。夏の最後のホームゲーム、山形を愛する全てのみなさまの力が今のモンテディオ山形には必要です。J1残留に向けて戦いは続いていきます。引き続きのサポート、よろしくお願いします!

 

 

 

 

ファンクラブに申込む
×