ニュース

×
公開日 2015.10.14

【フォトギャラリー】第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 三回戦 vs.藤枝MYFC

一、二回戦に引き続き、ホームでの開催となった天皇杯三回戦。対戦相手は二回戦で清水エスパルスと対戦し、4-2の逆転勝利で勝ち上がった藤枝MYFC(静岡県代表)です。10月も半ばとなり、すっかり肌寒くなった中での試合ですが、しかし2つ上のカテゴリーを倒した藤枝MYFCはその勢いのまま臨み、試合は熱いものとなりました。

この試合のスタメンです。
GK山岸範宏選手
DF當間建文選手、西河翔吾選手、石川竜也選手
MF山田拓巳選手、アルセウ選手、小椋祥平選手、キムボムヨン選手、ロメロフランク選手、川西翔太選手
FWディエゴ選手
SUB中村隼選手、宇佐美宏和選手、高木利弥選手、中島裕希選手、宮阪政樹選手、汰木康也選手、高崎寛之選手

スタメンは前の試合となった明治安田生命J1リーグ vs.湘南ベルマーレから3人を変更。センターバックの渡辺広大選手に代わり西河翔吾選手、中盤では両翼の宇佐美宏和選手と高木利弥選手に代わって山田拓巳選手とキムボムヨン選手が起用されています。

2ndステージに入りなかなか出場機会を得られなかった當間建文選手ですが、前の試合となる湘南ベルマーレ戦に続いて先発すると2試合続けての勝利に貢献します。

中盤でハードな守備を見せる小椋祥平選手。

J1残留に向けた戦いで必要となるのはゴール。サポーターから川西翔太選手への期待も大きくかかります。

最終ラインから縦へのパスを通す石川竜也選手。攻撃の起点となります。

その石川選手の前にいるのがキムボムヨン選手。石川選手のパスがキム選手の攻撃力をスケールアップします。

さて前半藤枝MYFCに先制点を許しハーフタイムを0-1で折り返すと、逆転を目指すモンテディオは高木利弥選手を投入。サイドからの攻撃を活性化します。

すると後半の62分、期待に答えた川西翔太選手がミドルシュートを決め同点に追いつきます。

高さのあるジャンプを見せる西河翔吾選手。前半はなかなか藤枝MYFCの激しい寄せに思うようなプレーが出来ませんでしたが、同点後はラインを高く保ち、攻撃の圧力を高めます。

こちらも後半途中から投入された中島裕希選手。ダイナミックな動きでさらに攻撃の圧力を高めます。

すると83分、高木利弥選手が左サイド深いところから持ち込みゴール前にボールを送ると、

最後はやっぱりこの人、ディエゴ選手が合わせて逆転のゴール!

ディエゴ選手は高木利弥選手にご褒美のリフト。喜びを表します。

そして残り時間もしっかりと守り切ってタイムアップ。2-1で勝利し、4回戦進出を決めました。

試合後スタンドのサポーターと共に喜びをわかちあうディエゴ選手と川西翔太選手。この先、まだまだ厳しい戦いが続きますが、仲間を信じて、最後の最後まで戦い抜きましょう!

さて次の試合は二日間の短いインターバルを置いて、再び残留を掛けた明治安田生命J1リーグ戦が再開します。ホーム・NDソフトスタジアム山形にて10月17日(土)19:00キックオフ vs.ヴァンフォーレ甲府となります。J1残留に向けて勝たなければいけない大きな試合です。ぜひ皆様にスタジアムにお越し頂くだけでなく、友人・家族・同僚に広くお声掛け頂き、山形を愛する皆様と再び一丸となり、山形総力戦でJ1残留を勝ち取りましょう!

引き続き熱いご声援、よろしくお願い致します。

 

ファンクラブに申込む
×