ニュース

×
公開日 2016.11.08

スタジアムへと続く道。今年最後の「モンテロード」植栽活動

みなさん、こんにちは。
2016年11月6日(日)、永藤歩選手の劇的なゴールで勝利を挙げた、ホームゲームV・ファーレン長崎戦前の朝9時より、ボランティア団体「きらりロードの会」様によって行われた山形市立谷川工業団地内の通称「モンテロード」の花の植栽作業が行われました。恒例になったこの作業には、弊社 社長 森谷 俊雄とマスコットディーオが参加。

 


「モンテロード」は、やまがた社会貢献基金を活用し「ネッツトヨタ山形」様の協力により、スタジアムへ続く道を綺麗な花で彩るプロジェクト。この道は色鮮やかに彩られ周辺のシンボルとなっております。

 


綺麗に咲き誇る花は見る人を元気にし、これからも街を活気づけていきます。

いつも植栽活動へご協力頂いている「きらりロードの会」様、「ネッツトヨタ山形」様、「山形大学ボランティアサークルJCC」様、「山形県職員の皆様」、そして本活動へのご理解とご協力を頂いている、立谷川工業団地の各社様へ感謝申し上げます。


モンテディオ山形サポーターの皆さま、今シーズンのホームゲームは11月20日(日)14:00キックオフのギラヴァンツ北九州戦の残り1試合となりましたが、スタジアムへご来場いただく際は、ぜひスタジアムへと続く「モンテロード」を見にお立ち寄り頂ければと思います。