ニュース

×
公開日 2018.07.21

2018明治安田生命J2リーグ第24節 アルビレックス新潟戦 試合後選手コメント

No.16 小林成豪選手


(Q.90分間厳しいゲームでした)

終始相手のペースで進んでいて、その中で決めれたことは良かったと思うのですが、そこからの戦い方がなかなかまとまってなくて、もう少しそこをしっかりやっていかないといけないですし、自分自身2点目取るチャンスがあったので、そこで点を決められたら全然試合内容も変わってきたと思うので、反省するべきところはして、次に繋げたいと思います。


(Q.得点シーンの振り返りを)

監督からしっかりシュート狙えるチャンスがあったら狙っていこうと、指示があったんで、思い切ってシュート打ったらたまたま入りました。

(Q.相手も結構蹴ってきてましたがプレッシングの掛けづらさはどうでしたか?)

蹴ってきた後のセカンドボールというのがなかなか拾えなくて、まあ拾ったとしてもすぐ奪われるという状況で、守備が結構続いたのでなかなか体力的にも削られて、最後集中力欠けて、2失点したかなと思います。

(Q.なかなか小林選手のところにボールが入りにくいように見えましたが?)

取った後一本つなぐだけでカウンター成功すると思うのですが、そこがまあ、自分含めて精度がなかなか無かったなと。

(Q.次の試合に向けて意気込みを)

総力戦になると思うので、明日の練習からしっかり準備して、ホームってことで絶対負けられないですし、もっと準備してチーム一丸となって戦いたいと思います。

 

No.2 ジャイロ ロドリゲス選手

(Q.今日は初先発となりましたがどの様な思いで?)

初先発だったということで、すごい嬉しい気持ちもありましたが、もちろん新潟を相手に技術とかの高いチームと分かっていて、僕はしばらくぶり(山形公式戦では初)のスタメンだったので、試合のリズム感などは、ちょっと苦労するかなと思ったので、試合の中で、ピッチの中にいる時間は自分の全力を出すだけと思って、試合に臨みました。

(Q.日本でのキャリアは試練のスタートでした。ここまでくるまでの時間はどの様な思いで過ごしましたか?)

皆さんも知ってのとおり大変な怪我で、その時期を過ぎてやっと5ヶ月、6ヶ月掛けて、やっと今日、自分の開幕戦になると思ったのですが、もちろんそれを勝利で終えれば最高のスタートだったかもしれないですが、ピッチに中にいた時間帯は自分の全てを出して、チームを勝たせたかった気持ちもありましたが、結果負けてしまって残念な気持ちです。

(Q.今日は1万人を超える観客が来ましたが、改めてこのクラブへの期待について)

スタジアムにサポーターがたくさん来てもらうために、僕たちはいつも全力を出して、もちろん今日は、一週間選手たちはすごい努力して、今日の試合に勝つためにやってきたし、もちろんサポーターのみなさんにたくさん来ていただいたので、サポーターに勝利をあげたかったのですが、残念ながら負けてしまいましたが、水曜日も試合があります。あまり時間がないので、みんなで切り替えて次の岡山戦を勝利で終わりたいと思います。